良い家をどこよりも安く造るために私たちは頑張ります。

 

代表からのごあいさつ

会社概要・アクセスマップ

この度は、ホームページをご覧いただきありがとうございます。
ご覧いただいている皆様の多くは、家を建てることをご検討中の方々でしょう。
一般の方だけでなく、同業者かそれに近い方もおられるかもしれませんね。

ダイケンホームは昭和57年に大江建築として創業し、地元の工務店として地域の皆さまと共に歩んでまいりました。
大工から始まり、住宅建築の業界に身を置いて早いもので40数年の歳月が過ぎようとしています。
その間、世の中も住宅業界も大きく移り変わりました。

時代の変化とともに数々の試行錯誤を繰り返してきましたが、今でも変わらない想いがあります。
それは、出来るだけ無駄な経費を省き、その分を施主様の建築費や地域に還元できる住まいづくりです。
工務店もハウスメーカーも、資材・外壁材・住宅設備機器などの取り扱いメーカーはほぼ同じです。
同じ坪数・品質・仕様の家を建てた時、ハウスメーカーと工務店では建築費に数百万の差がでます。
ハウスメーカーは家をブランド価値ある商品(作品)とし、展示場には営業マンがいて、「売る事(販売棟数)」に重点を置いているからです。
営業・設計・工事と分担された分、人件費が余分にかかっていたり、全国に大々的な宣伝をすればその宣伝広告費はそのまま お客様の建築費用にも影響(負担)を与えています。
一方、工務店は「家を売る」ではなく、「家をつくる」ことに注力しているため、無駄な経費がかからず、建築費が抑えられます。
抑えられた分は、オプションで希望を追加したり、外構工事に充てたり、将来の為にとっておいたり・・・とお施主様にゆとりができます。

ダイケンホームは、基本構造や経年変化を見越したプラニングと、品質・価格で地域のお客様に喜んでいただける住まいを提案し続けて参りま した。
家は家族が幸せに暮らすためであり、思い出を育む場所です。
無理のない支払いで、10年20年とゆとりをもって幸せに暮らしていける家が、何よりの幸福につながると私たちは考えます。
地域の皆様に支えられ発展・成長して参りましたが、OBお施主様も多くなり、これからも地元に根差した工務店としての責任を果たすため、 次世代への継承も大事だと考えております。
私自身がまだ現役で頑張れる間に、私の志を二代目やスタッフに継承し、安心してお付き合いできる組織づくりを目指してまいります。 今後とも格別のご支援、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


伝統技術を受け継いだ工務店・大工の「手刻み」

現在のほとんどの住宅は「プレカット工法」(あらかじめ機械でカットした木材を現場で組み上げる工程)が中心の時代ですが、
代表が大工職人をしていた30〜40代頃に造ってきた住宅は、伝統的な美しい和風住宅です。
それは今の時代ではなかなか難しい、「手刻み工法」(一本一本の材料に墨を付け、ノコギリや鑿(のみ)を使って手作業で加工を行う工程)という、技術を習得した大工だけができる技です。
家造りに精通しているからこそ、お施主様には「知識」と「現場」を融合させたご提案ができます。

▲ページトップへ